最初は全員が『未経験』

2019年5月27日

エンジニアになろうと思ったきっかけを
それぞれの人に聞くと、やはり色んな人がいます。

理由は何だっていいと思います。

きっかけは何だっていい

今まで聞いたことのあるエンジニアになったきっかけは

  • 楽そうだから
  • 自由そうだから
  • 立ち仕事が嫌だから
  • ゲームを作りたいから
  • 情報系の学校に行っていた
  • WEBサービスに興味があるから
  • 家やカフェなどで仕事をしたいから
  • 働きたくなくて、何となく楽しそうだから始めた
  • エンジニアがいなくなって自分がやるしかなかったから

など本当に色々なきっかけを聞いてきました

私の場合は本当に何となく始めたのがきっかけです。

  • かっこいいから
  • 海外で働けそうだから
  • 成長できそうだから

そんな感じです。
技術がめちゃくちゃ好きだったとかそういった理由ではないです。

実際に今あるサービスだけで
何か新しいものを生み出すことがなくても
十分生きていけます。

私の場合は
人よりも成長欲が強い
ということを感じていました。

そのため常に技術を身に付けることで
目に見える成長ができる
そう考えたのが大きかったです。

その結果
今は新しいサービスが生まれることにとても興味を持っています。
そして今は日々スキルアップするのが好きですし
成長を感じています。

何でこんなこと始めたんだろう?
という明確な理由は
あとで気づくこともあります。

それにやり始めてからでも後付けができます。
もし嫌いになったのであれば
やめればいいだけです。

私はエンジニアに限らず、どの職種でも
興味を持ったらまずやってみる
ということをオススメします。

とにかくやってみよう

  • 理系じゃないと難しい
  • プログラミングなんてやったことない

とかいろいろ思うかもしれませんが、

私は文系出身で数学が得意だったわけでもありません。
理系じゃない人もたくさんいますし
高卒の人もいます。

今できるエンジニアも最初は未経験でした。

どんなことを始めるとしても難しく考える必要はないです。
最初は人間誰も泳げないですが、練習すれば泳げるようになります。
人間は何だってできてしまう可能性を持ってます。

新しいことを始める怖さに打ち勝とう

やはり新しいことを始める時には
勇気が必要です。
そしてエネルギーを使います。

不安だと思います。
しかし何も始めなければ
昨日と今日は全く同じ日々を過ごすだけです。

泳げるようになるにはまず
海に入らないと泳げるようにはなりません。

失敗しながらできるようになったらいいんです。
少しでも挑戦したいという気持ちがあれば

不安な気持ちを抑えて
行動してみましょう。

LIFE

Posted by krs91tk