未経験エンジニアにはRubyよりPHPをオススメする理由

2019年5月27日

未経験エンジニアは最初にどの言語を学ぶべきでしょうか??
Rubyを教えているプログラミングスクールが最近増えてきていますが
私はPHPを学ぶことをオススメします。

RubyよりPHPをオススメする理由

Rubyから始めると他の言語に変更しにくい。

Rubyは他の言語に比べてとても便利な言語です。

特にRuby on RailsというRubyのフレームワークは少しコマンドラインを入力するだけで
ある程度の見た目や機能が自動で作られます。
この便利さが初心者には仇となることがあります。

PHPで書くと
処理を細かく追っていき、理解が深まることも
Rubyでは
どのような処理で、どのようなコードを書けばいいのか
を追う必要がないくらい便利すぎます。

特にプログラミング初学者はコードの意味を理解しないまま
技術書どおりに模写して作品ができてしまい
まるでプログラミングを理解したように錯覚してしまいます。

このことをブラックボックス化と言います。

プログラミングでは何を作るかということも大事ですが、

  • どこでエラーが出ているか
  • どのようなコードを書いているか

を理解することがとても大事です。

Rubyではとてもシンプルに書かれていることが多く
初心者にとっては理解しにくいことが多いです。

フロントエンド ・データベースの知識を身につけられる

PHPを書いているとHTML・CSSを同時に書くことが多く、フロントエンドの知識は身につきやすいです。
またPHPのフレームワークはLaravelはJavaScriptのフレームワークのVue.jsと相性が良く必然的にフロントエンドに触る機会も多いでしょう。

Ruby on Railsはあまりデータベースを直接触る必要がなく、MySQLなどの知識も身につきにくいということは考えられます。

求人がRubyより多い

IT・WEB業界に入ろうと考えている未経験エンジニアにとって
まず一番重要なことは業界に入ることです。

Rubyで開発している会社はほとんどが自社サービスを開発している会社です。
確かに自由だと思います。

  • ベンチャー企業
  • 服装自由
  • 硬い雰囲気がない

ほとんどの人が思い描いているような働き方ができるかと思います。
ただ最低でも実務経験2年以上のエンジニアを求めている企業ばかりです。

そのような会社にいきなり未経験で本当に入れるのでしょうか?
運が良く入れたとしても、毎日かなり大変な思いをすると思います。

未経験エンジニアにとってまず『未経験の枠を外す』ということが何よりも大事です。

もしRubyの求人でなかなか入れる会社がないと感じたら
PHPの求人で探してみるのも一つの手段かと思います。