エンジニアになるにはどこの都道府県が有利か。

2019年5月11日

どこの都道府県がエンジニアとして就職しやすいでしょうか?
私はいろんな都道府県の求人を見てきましたが
やはり東京が一番就職しやすいのではないかと思います。

東京が就職しやすい理由

会社の数が圧倒的に多い

やはり一番の理由はWEB系・IT系の会社が多いということだと思います。

未経験でも雇ってくれる会社が多い。

地方の会社だとやはりベンチャー企業が多く、自社サービスを開発しているところが多いです。
ただでさえ未経験では入りにくい業界なので

  • 少ない求人を探すのが大変
  • 高い倍率の中で勝ち残らないといけない
  • 実務経験者でないと厳しい

となるとどうしても東京よりは厳しくなるのは明らかです。

情報を得られる機会が多い

会社の数が多いのと同様にエンジニア関連の情報が多いのも東京です。
SNSが普及し情報を簡単に得られる時代ですが、
やはり周りにエンジニアがいる環境の方が、圧倒的に情報を得ることができます。

たぶん最初のうちは、どんなことをインターネットで検索すればいいかもわからない状態なので
自分で正確な情報を得るのは難しいのではないでしょうか。

またプログラミングスクールの数も多く、地方に比べて効率よく学習する機会は多いです。
東京では毎週土日には必ずどこかで勉強会も開催されているので、情報を得る機会は多いです。
カンファレンスも東京で開かれることが多いです。

私はどこの都道府県がいいとかは正直なところ人それぞれだと思います。
お金もかかると思うので、東京の方が絶対にいいとかは思いません。

しかしエンジニアになるには圧倒的に東京の方がチャンスは多いと思います。

東京があまり好きじゃない人は、東京で2~3年くらいエンジニアとして修行して、地方の会社に転職し直すのもいいかもしれませんね。