30代からはエンジニアに転職できないのか

2019年5月11日

最近30代からプログラミングを始めた人が本当に転職できるのかどうか
SNSで話題になっていますね。

個人的には
厳しいけど不可能ではない
という考えです。

その理由について考えてみました。

30代からでもエンジニアは不可能ではない!

日本の高齢化問題

日本は世界の国と比べて圧倒的に高齢化が進んでいます。
そして人口も毎年減っていきます。
すると働く人が少なくなっていきます。

今よりももっと30代からプログラミングを始めたエンジニアに力を貸りなければいけない状況が来ると思います。

日本は65歳まで働く時代ですが、70歳まで引き上げられる時代はすぐに来るでしょう。
30代からエンジニアになれば70歳まで40年もあります。
3年もあればエンジニアは立派なエンジニアになれます。

あまり悲観的にならなくていいと思います。

エンジニアは世界的に人手不足

エンジニアは世界的に人手不足です。
日本だけで考えればもっと不足しています。

昭和から築いてきた古い体質の会社は人を雇うことができなくなり
令和時代にはなくなる可能性も高いです。

これからは会社に頼らない『個人』の時代がやってきます。

日本は恐らく人口減少、高齢化が進み
できる人が海外にどんどん流れていく時代が来ます。

世界でも人手が足りていないので日本人が海外で活躍できる時代が来ると思います。

技術は日々発展している

『エンジニアの仕事はAIに取られるんじゃないの?』

そう思う人もいるかと思います。
確かにそうかもしれません。

しかし新しい技術を開発するエンジニアがそこでまた必要になります。
エンジニアは新しく技術を学び直すことができるとても素晴らしい仕事だと思います。

新しい技術が増えれば乗り換えればいいだけです。

30代からエンジニアになるにはどうすればいいか

まず自分の立場をしっかり把握しましょう

現時点での自分の状況をしっかり理解することは大事です。
20代からエンジニアとして活躍している人もいます。
IT・WEB業界は実務経験が何よりも重要視される世界です。
実力主義です。

年下が先輩になる可能性もあります。

しかし変なプライドは捨てましょう。
『自分の思い描いた会社に転職するんだ!』
『フリーランスになってやる!』
といきなり大きな目標を実現しようとすると挫折してしまいます。

『なんでもやります!』
という姿勢が大事だと思います。
着実にステップアップすることが大事です。

>>不利な状況を落ち着いて考える大切さ

自分の力だけでなんとかしようと思うのはやめましょう

20代でも実務経験がなければ自分の理想の会社に転職することは難しい業界です。
その点では20代でも30代でも大した差はありません。
着実に日々技術を身につけていきましょう。

プログラミングは独学だと挫折率90%だと言われています。

また転職活動をしていると
『30代だから厳しいのかな。』
と気持ちが萎えることもあるでしょう。

『絶対に自分は挫折したくない。』
という人は

  • プログラミングスクールに通ってメンターに頼る
  • 転職エージェントに相談する

などするといいと思います。

人間一人の力なんてとても小さなものです。
人に協力してもらう方が圧倒的に成果は上がります。

諦めずに行動しましょう

最終的にはやはり諦めないことが何よりも大切です。
『30代だから無理なのかな』と考えるか

『絶対にエンジニアになってやる!』と考えるかによって結果は違ってくると思います。

一度エンジニアになると決めたのであれば最後までやりきりましょう。