未経験エンジニアは情報の断捨離をしましょう!

2019年6月23日

未経験のエンジニアは様々な方法で

  • どんな会社がいいのか
  • どのプログラミング言語がいいのか
  • どんなエンジニアになりたいのか

ネットやTwitterで調べまくっていると思います。
かなり神経質な状態だと思います。

私は未経験エンジニアこそ情報の断捨離をすべきだと考えています。

未経験エンジニアが情報の断捨離をするべき理由

プログラミング言語を絞りましょう。

まず情報が多すぎると、自分が何を勉強したらいいかわからない状態になると思います。
情報が多すぎるこの世の中それは仕方のないことだと思います。

まずは今自分が勉強しているプログラミング言語はまず1つに絞って
しっかりとスキルアップしましょう!

Twitterにいるエンジニアは凄腕が多い

  • #駆け出しエンジニアと繋がりたい
  • #Twitter転職

などのハッシュタグを使って、未経験のエンジニアが
Twitterを活用して情報を集めたり、転職活動をするというのが最近流行っています。

しかしツイートを見ればよくわかると思いますが
実務経験が豊富なエンジニアも多く、全く知らない技術のことを呟いていたりします。

ここでやってはいけないことが

  • 今学習しているプログラミング言語以外に手を出す
  • 色んなフレームワークを触る

など片っ端から知らない技術に手を出してしまうことです

効率が良くないですし、確実に遠回りになります
最悪の場合挫折してしまいます。

>>プログラミング初学者は言語を一つに絞りましょう

ネットの情報に騙されるな!

私の経験上、未経験からエンジニアになるのは想像以上に難しかったです。

  • やる気がある
  • 勉強を毎日してる
  • プログラミングスクールに通っている

というだけでは簡単には片付けられない
未経験の壁があります。

IT・Web業界では
『未経験だから』
という言葉で片付けられてしまい、案件が取れない採用されないということはよくあります。

ネットの情報を鵜呑みにして
未経験でもちょっとプログラミングを勉強したら
クラウドワークスランサーズなどで
簡単に案件が取れる稼げると思ってる人もいるようですが
簡単に案件は取れません。
リアルで会う人でさえ実務経験を求められるのに、
顔も見たことない未経験エンジニアに仕事をお願いするでしょうか?

また

  • ノマドワーカー
  • 海外を旅にながら働く
  • ビーチで寝転がりながら働く

など夢のような働き方を想像してエンジニアになろうと考えている人もいるかと思いますが
そんな人はアフィリエイトブログで稼ぐインフルエンサーにでもなることをおすすめします。

エンジニアでもそのような憧れの働き方をしている人は多数いると思いますが
明らかに実務経験が違いすぎます。

エンジニアになればすぐに楽に働けるようになるとは思わないほうがいいです。
凄腕エンジニアも最初は未経験でした。
着実にステップアップすることをおすすめします。

困難と向き合えるエンジニアになろう!

厳しいことを書くようですが、私は

  • 挫折しないエンジニア
  • 転んでも何度でも這い上がれるエンジニア

になってほしいという思いで書いています。

簡単にエンジニアになれる、クラウドソーシングで案件を受注できる
と思っているのであればおそらく挫折する可能性は高いです。

未経験エンジニアには様々な困難が待っています。

  • プログラミングがわからない
  • IT・WEB業界に入社できない
  • 自分の思っていたような会社に入れない
  • 会社に入れたのはいいが、自分のやりたい案件に参画できない

最初のうちは正直しんどいことが多いです。
全く違う業界から技術者になるのですから、難しいことばかりです。

しかしその困難を乗り越えてこそ
憧れの働き方に一歩でも近づくことができます。

行き詰まったら休んでもいいと思います。
嫌いにならない方法でプログラミングを続けましょう。

しっかり地に足をつけて、自分の実力を把握して
メンタルの強い、挫折しないエンジニアを目指しましょう!