職業訓練校からエンジニアを目指すという選択

私はエンジニアになるためにあまりにも高額な費用を払う必要はないと思ってます。

現代ではプログラミングを学習することはそんなに難しくないからです。
で学ぶこともできますし、動画学習サイトで安く勉強することもできます。
手段は何でも良いと思います。

今回は職業訓練校でプログラミングを学ぶということについて考えてみました。

職業訓練校からでもエンジニアになれる!

私は職業訓練校でプログラミングを学んだ後にエンジニアになった人を知っています。
プログラミングは今PC1台あればいつでも、どこでも学ぶことができます。

エンジニアになる手段は
お金を払ってプログラミングスクールに通っても
学習サイトで学ぶのでも
何でもいいと思います。
どこで学ぶとしても同じプログラミングです。

良い大学に行くために高額な予備校に通って受からない人もいれば
安い塾に通って合格する人もいるのと同じです。

職業訓練校のメリット

まず職業訓練校のメリット無料でプログラミングを学べるという点です。
わからないことは講師に聞くことができるので、挫折しにくいと思います。

私はどんな形で困った時にできるエンジニアに聞ける環境を作るべきだと思います。
しっかりサポートしてもらいながらスキルアップしましょう。

そしてエンジニアに転職することができたら国から補助金が出るそうです。
私の知っている人で30万円ほどもらっている人がいました。
30万円って結構大きいですよね(^ ^)

職業訓練校のデメリット

職業訓練校のデメリットは転職保証がない点だと思います。
訓練校卒業後は基本的に自分で就業先を探します。

もちろん就業先を自分で探すのは通常だとあたりまえのことではありますが
有料のプログラミングスクールでは転職保証しているところもあるので
やはりそれは有料のプログラミングスクールの強みかもしれません。

プログラミングの学習はあくまでも下積み

プログラミングスクールに通っても
職業訓練校に通っても
実務でできることは限られてます。

やはり会社に入って実務を積むことでスキルアップできることの方が大きいです。
どんな形であってもしっかり下積みをして
できるだけ早く実務経験ができるように努力しましょう!